生命保険 見直し 大阪 ・ 京都 ・ 神戸 ・滋賀 / ポイント・比較・選び方・無料相談

現在の位置 : ホーム > 事業保障対策

個人 生命保険見直し

各イベントから選ぶ

就職したとき

結婚したとき

子供が生まれたとき

住宅を購入したとき

子供が独立したとき

ニーズから選ぶ

保険料を安くしたい

入院したときがが心配

学資を考えたい

老後が心配

病気でも保険に加入したい

個人年金保険料控除を使いたい

法人 生命保険 見直し

目的から選ぶ

役員退職金対策

事業保障対策

事業承継対策

福利厚生対策

従業員退職金対策

弔慰金の準備

商品から選ぶ

長期平準定期保険

定期保険

収入保障定期保険

逓増定期保険

養老保険

終身保険

がん保険

生命保険見直し相談プラザ 事業保障対策

多くの中小企業は、経営者である社長個人の経営力、人間性、信用、つながりなど、社長個人の能力によるところが大きいと言えるのではないでしょうか?

取引先から仕事の依頼がくるのも、金融機関からの借入れも社長への信頼から成り立っているものも多いと思います。

もし、そのような経営者に万一のことがあった場合、会社の営業力、販売力、信用力が低下し、取引先や債権者は負債や運転資金の早期返済に迫ってくる可能性があります。

運転資金に回している短期借入金の返済額や経営が軌道に乗るまでの従業員の給料はどの程度確保しなければならないのかを把握し、万一に備え事前に準備をしておく必要があるのではないでしょうか?

一般的に、事業保障資金は下記の計算式で求められます

短期借入金や取引先への買掛金など、比較的短期に支払いが必要な債務を1.7倍し、そこに従業員の年間給料を加算したものが、事業保障資金の目安となります。

一般的な事業保障準備資金の計算方法
事業保障準備資金=借入金相当額(※1)×1.7(※2)+従業員の年間給与
※1 借入金相当額・・・短期借入金+買掛金+支払手形等
※2 法人税等を考慮し、借入金相当額の1.7倍とします。

貴社の社会的信用を支え、後継者が安定した事業活動を継続できるよう、十分な備えが必要です。

見直し相談申込・お問い合わせ
募集文書番号 SL11-5180-0012 Copyright (C) 2009 生命保険見直し無料相談プラザ/大阪・京都・神戸 All Rights Reserved.