生命保険 見直し 大阪 ・ 京都 ・ 神戸 ・滋賀 / ポイント・比較・選び方・無料相談

現在の位置 : ホーム > 事業承継対策

個人 生命保険見直し

各イベントから選ぶ

就職したとき

結婚したとき

子供が生まれたとき

住宅を購入したとき

子供が独立したとき

ニーズから選ぶ

保険料を安くしたい

入院したときがが心配

学資を考えたい

老後が心配

病気でも保険に加入したい

個人年金保険料控除を使いたい

法人 生命保険 見直し

目的から選ぶ

役員退職金対策

事業保障対策

事業承継対策

福利厚生対策

従業員退職金対策

弔慰金の準備

商品から選ぶ

長期平準定期保険

定期保険

収入保障定期保険

逓増定期保険

養老保険

終身保険

がん保険

生命保険見直し相談プラザ 事業承継対策

経営者に万一のことがあった場合、後継者は高額な相続税の支払を迫られ、納税資金確保のため自社株・事業用資産を売却せざるを得なくなる場合があります。

そのため事業承継をスムーズに行うために、事業承継対策をするのは経営者の責任です。

事業承継成功のための2つのポイント

人的対策
後継者問題です。オーナー型企業の場合、原型映写のカリスマ性に依存しているケースが多いのではないでしょうか。偉大な経営者の威厳とオーラに従業員ばかりか社外の関係者(取引先、金融機関等)も圧倒され、支持されている場合には、後継者への経営権の承継時期の見極めも重要となるでしょう。
物的対策
経営者が死亡した場合の相続税額はいくらか、金銭で一時に納付可能か、経営者所有の自社株を後継者へ贈与した場合の贈与税額はいくらか、自社株はいつ、いくらで後継者へ譲ればよいか等の相続税、贈与税の問題の検討、あらかじめ想定される金銭等のトラブルは、できる限り回避する対策(=物的対策)が必要です。

物的対策として、法人が契約者となり被保険者を社長とする生命保険を活用すると、計画的かつ即効性のある資金準備が可能となります。この場合の生命保険は基本的に終身保険が適しています。

自社株対策
内部留保や内部利益が増大すると、経営者が保有している自社株や出資金の相続税評価額が、額面の数十倍、数百倍になってしまうということがあります。
贈与する
持株・出資持分を一度に譲渡するのではなく、長期間かけて後継者グループに贈与するという方法もあります。これは経営者が所有している持株・出資持分を減少させるという目的を持っています。

類似業種の株価や配当・利益が低水準の時期に行うと、相続税の評価額も下がっており、大きな効果が期待できます。

見直し相談申込・お問い合わせ
Copyright (C) 2009 生命保険見直し無料相談プラザ/大阪・京都・神戸 All Rights Reserved.