生命保険 見直し 大阪 ・ 京都 ・ 神戸 ・滋賀 / ポイント・比較・選び方・無料相談

現在の位置 : ホーム > 弔慰金の準備

個人 生命保険見直し

各イベントから選ぶ

就職したとき

結婚したとき

子供が生まれたとき

住宅を購入したとき

子供が独立したとき

ニーズから選ぶ

保険料を安くしたい

入院したときがが心配

学資を考えたい

老後が心配

病気でも保険に加入したい

個人年金保険料控除を使いたい

法人 生命保険 見直し

目的から選ぶ

役員退職金対策

事業保障対策

事業承継対策

福利厚生対策

従業員退職金対策

弔慰金の準備

商品から選ぶ

長期平準定期保険

定期保険

収入保障定期保険

逓増定期保険

養老保険

終身保険

がん保険

生命保険見直し相談プラザ 弔慰金の準備

従業員に対しても、これまでの功績に応える確かなカタチとして、また、ご家族の先行きを安定させるためにも弔慰金の準備が必要です。

弔慰金の目安
業務上の死亡の場合・・・死亡時報酬月額×36か月分
業務外の死亡の場合・・・死亡時報酬月額× 6か月分
非課税とされている範囲 (相続税法基本通達3-20)

保険を利用する場合

※ 総合福祉団体定期保険
業界統一商品でどこの取り扱い保険会社でも保険料は一定。1年毎に収支計算を行い、剰余金が生じたときは、配当金としてお支払いたしますので、実質負担は軽減されます。

※無配当総合福祉団体定期保険
従来の総合福祉団体保険金の配当金を無くし、コスト削減を徹底した結果、保障内容を変えずに保険料の大幅値下げ。また、配当という不安定な要素が取り除かれるため、企業では年初に福利厚生費を確定でき、キャッシュフローの改善を図ることができます。(取り扱い保険会社は数社)

ご契約形態
ご契約者・・・・・・・法人
被保険者・・・・・・・役員・従業員
死亡保険金受取人・・・被保険者のご遺族または法人

保険を利用する場合

  • 病気・災害による死亡から事故による入院まで、業務上・業務外を問わず24時間保障されます。
  • 保険期間は1年で自動更新、割安な掛金で、役員・従業員の福利厚生制度にご活用いただけます。
  • 医師による診査は不要です。(簡単な告知でお申込みいただけます)。
  • 法人が役員・従業員のために負担した掛金は、全額損金に算入できます。(法基通9-3-5)

当ホームページに掲載している保険商品情報は、当該商品の概要をご案内するものです。ご契約ご検討に際しては、当該保険商品のパンフレット、ご契約のしおり・約款を必ずご覧下さい。

見直し相談申込・お問い合わせ
募集文書番号 SL11-5180-0012 Copyright (C) 2009 生命保険見直し無料相談プラザ/大阪・京都・神戸 All Rights Reserved.