生命保険 見直し 大阪 ・ 京都 ・ 神戸 ・滋賀 / ポイント・比較・選び方・無料相談

現在の位置 : ホーム > 子供が生まれたとき

個人 生命保険見直し

各イベントから選ぶ

就職したとき

結婚したとき

子供が生まれたとき

住宅を購入したとき

子供が独立したとき

ニーズから選ぶ

保険料を安くしたい

入院したときがが心配

学資を考えたい

老後が心配

病気でも保険に加入したい

個人年金保険料控除を使いたい

法人 生命保険 見直し

目的から選ぶ

役員退職金対策

事業保障対策

事業承継対策

福利厚生対策

従業員退職金対策

弔慰金の準備

商品から選ぶ

長期平準定期保険

定期保険

収入保障定期保険

逓増定期保険

養老保険

終身保険

がん保険

生命保険見直し相談プラザ 子供が生まれたとき

子供が生まれると親には子供の食事や教育費という出費(責任)が生じます。

責任が大きくなるとその分死亡した時には遺族は経済的に困る度合いが大きくなります。これまでよりも保障を増額する必要があります。

では遺族が困らないようにするのにどのくらいの保障に加入したらよいのでしょうか?

3千万でしょうか?5千万でしょうか?

どちらも違います。

  • まずは必要保障額を知る必要があります。
    これは家族構成や収入などにより違ってきますのでお友達と同じというわけにはいきません。
  • 次に遺族年金がもらえるのか、もらえないのか。もらえるのならいくらもらえるのか。が必要となってきます。

必要保障額-遺族年金支給額=保険加入金額

また必要保障額は子供が生まれた瞬間が一番高く、子供が小学校、中学校と進むにつれて必要保障額は減っていきます。 必要保障額は子供の成長とともに減っていきます

子供保険を考えるポイント

■働き手の保障
働き手が亡くなったときが一番心配です。まずはこの保障を考えるのが大切です。家族の生活費に加え子供の学費総計・保育園代・ベビーシッターなども考えた設計が必要です。

■子供の保障
子供が亡くなるというのは大変悲しいことではありますが、経済的に困ることはありません。

■子供の学費を貯める
公立にいくのか、私立にいくのかにより貯める金額もかわってきます。目標を立てた貯蓄が必要です
見直し相談申込・お問い合わせ
募集文書番号 SL11-5180-0012 Copyright (C) 2009 生命保険見直し無料相談プラザ/大阪・京都・神戸 All Rights Reserved.