生命保険 見直し相談 大阪 ・ 京都 ・ 神戸 ・滋賀 / ポイント・比較・選び方・無料相談

現在の位置 : ホーム > 入院したときがが心配

個人 生命保険見直し

各イベントから選ぶ

就職したとき

結婚したとき

子供が生まれたとき

住宅を購入したとき

子供が独立したとき

ニーズから選ぶ

保険料を安くしたい

入院したときがが心配

学資を考えたい

老後が心配

病気でも保険に加入したい

個人年金保険料控除を使いたい

法人 生命保険 見直し

目的から選ぶ

役員退職金対策

事業保障対策

事業承継対策

福利厚生対策

従業員退職金対策

弔慰金の準備

商品から選ぶ

長期平準定期保険

定期保険

収入保障定期保険

逓増定期保険

養老保険

終身保険

がん保険

生命保険見直し相談プラザ 入院したときがが心配

医療保険

入院の保障ですぐに出てくるのが入院保険ですが、最近では医療技術の進歩による入院の短期化と先進的な治療により医療費の自己負担額は増加傾向にあります。入院保険だけでは十分な治療費がまかなえないケースが増えてきています。

日額保障型と実損填補型の保険がありそれぞれにメリットとデメリットがあります。

日額保証型・・・「日額いくら」というのがこちらの保険です。

■メリット
入院日数や手術により給付金額がきまっている。医療費がよりも多く受けとれる場合もある。終身保障で加入すれば保険料の値上がりがないので安心。

■デメリット
給付金額がすくないと医療費分が足りない場合もある。
実損填補型・・・支払った医療費がすべて戻ってくる保険

■メリット
大きな病気でもかかった医療費分すべてでるので医療費はすべてまかなえる。

■デメリット
終身保障がないので将来は保険料あがる

日額保障型と実損填補型をうまく組み合わせて利用すれば合理的な保障が準備できます。

一般的な日額保証型入院保険の保険期間を、終身で加入しておいて基本部分とし、上乗せとしてこのような『実損補填型』保険を検討するのがベストです!

見直し相談申込・お問い合わせ
募集文書番号 SL11-5180-0012 Copyright (C) 2009 生命保険見直し無料相談プラザ/大阪・京都・神戸 All Rights Reserved.