生命保険 見直し相談 大阪 ・ 京都 ・ 神戸 ・滋賀 / ポイント・比較・選び方・無料相談

現在の位置 : ホーム > 老後が心配

個人 生命保険見直し

各イベントから選ぶ

就職したとき

結婚したとき

子供が生まれたとき

住宅を購入したとき

子供が独立したとき

ニーズから選ぶ

保険料を安くしたい

入院したときがが心配

学資を考えたい

老後が心配

病気でも保険に加入したい

個人年金保険料控除を使いたい

法人 生命保険 見直し

目的から選ぶ

役員退職金対策

事業保障対策

事業承継対策

福利厚生対策

従業員退職金対策

弔慰金の準備

商品から選ぶ

長期平準定期保険

定期保険

収入保障定期保険

逓増定期保険

養老保険

終身保険

がん保険

生命保険見直し相談プラザ 老後が心配

ある意味一番大切な部分が老後です。
日本人は長生きですがその分必要なのがお金です。

働いて給料を得ている間は、やりくりもできてそれなりに蓄えもできます。そのために気づくのが遅くなりがちですが、多くの場合、65~75歳前後で人生を支える資金が蓄えが尽きてマイナスを起こしてしまいます。

今までと同じ生活を維持するならば、老後も継続的に収入を得る仕組みを作っておくか、どこからかお金を借り続けるか、逆に入ってくる年金収入の中で、かなりのガマンをしながら暮らしていくしかありません。

現在年金の支給は65歳です。しかし会社を60歳で退職しその後も働ければいいのですが、景気が悪かったり、病気がちであれば働きたくても働けません。でも収入がないとなればどうします?

それまで貯めてきたお金で生活するしかありませんよね。

60歳から5年分が最低でも必要なのです。

もし月25万で生活するという方であれば25万×12ヶ月×5年間=1,500万とい事になります。
もちろん月35万かかるよという方でしたら35万×12ヶ月×5年間=2,100万円です。

でもそれだけではありません。65歳以降は年金が支給されますが果たして満足出来るだけの年金がもらえるかどうかわかりません。

まずは将来年金がいくらもらえるのかを知りそしてそれで足りるのか足りないのか。足りなければそれも含めて準備をしておく必要があります。

例)2,000万を50歳の方が60歳までにためる場合
ためる期間は10年間しかありません。年間200万ためるとすれば月約10万の貯金と年2回のボーナスで80万貯める必要があります。

しかし、同じ2,000万貯めるのでも30歳の方が貯める場合には30年ありますから月約3万円 年2回のボーナスで30万貯めれば大丈夫です。

実際には金利0で計算してますがおわかりいただけると思います。

早めに無理なく準備することが大切です。

見直し相談申込・お問い合わせ
募集文書番号 SL11-5180-0012 Copyright (C) 2009 生命保険見直し無料相談プラザ/大阪・京都・神戸 All Rights Reserved.